2020年8月10日(月)【議会ワンポイント報告】電気自動車等で脱炭素化・災害時電力の確保が実現!編

  • 2020.08.10 Monday
  • 12:01

 

【議会ワンポイント報告】
 

電気自動車等で脱炭素化・災害時電力の確保が実現!編
 
横浜市では、電気自動車・プラグインハイブリッド車(EV車)の普及に努めております。 
既に本年3月17日に「横浜市とe-Mobility Power社はEV普及促進に向けた連携協定」を締結

しました。
これは、私ども公明党は、再生可能エネルギーの普及の一環として推進しきたものです。


 私は、2020年の「環境創造局・温暖化統括本部」の予算特別委員会で、
2019年の停電時のEV車による給電の利用を踏まえ、次世代自動車による電力確保に関する

今後の見通しを質問しておりました。

 

 
 その際に、本部長は「2030年度までに、すべての一般公用車を次世代自動車とする。
交通局の燃料電池バスは、大容量の電力供給が可能で、災害時の電源としての活用が期待されて

いる。電気自動車、燃料電池自動車を電源として活用するために、外部給電器をさらに拡充して

いく」旨を答えていました。
それらを受けて 「横浜市とe-Mobility Power社はEV普及促進に向けた連携協定」が実現した

ものです。
 
主な協定内容は、以下です。
 
(1) 市内充電インフラの拡大に関すること
(2) 充電インフラ拡大のための新たな仕組みづくりに関すること
(3) 充電インフラを活用したまちづくりに関すること

  
特に(3)充電インフラを活用したまちづくりでは、
 「地域防災拠点や観光地には、防災機能(EVから電気を取り出す装置)やデジタルサイネージ

機能が付いた充電インフラを設置し、地域の防災力向上や活性化に生かしていきます。」

との説明がありました。

 

 私どもの推進したように、移動できるメリットを生かし、停電先に災害時の電力供給の確保の

幅が向上します!

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年8月9日(日)【議会ワンポイント報告】再生可能エネルギーの電力メニュー提示が実現!編

  • 2020.08.09 Sunday
  • 11:33

 

【議会ワンポイント報告】

 

再生可能エネルギーの電力メニュー提示が実現!編

 

第二回目は、一般家庭向けのものです。

 

この度、横浜市では、「みんなでいっしょに自然の電気(みい電)」
というキャンペーンを開始しました。

 

これは、横浜市の案内に
「おうちで過ごす時間が増える今こそ、お得で環境にやさしい自然の電気に切り替えませんか?」

や「『みんなでいっしょに自然の電気』は、太陽光や風力など、環境にやさしい自然の電気を利用

したいと考える一般家庭などを募り、一定量の需要をまとめることで、”環境にやさしく、お得な

電気代”で、おうちの電気を切り替えるキャンペーンです。」とあります。 

これは、主には、「一般家庭向け再エネ電気への切替キャンペーン」です。
参加登録期間は令和2年7月31日(金曜日)〜2020年9月30日(水曜日)までです。
対象者は、家庭、商店、小規模オフィスです。

これは、横浜市が、一般家庭などと再エネ電気を提供する事業者を結び付けるプラットフォーム

(仕組み)を示すものです。
つまり、再エネの需要と供給を結び付ける仕組みです。

 

  

みんなでいっしょに自然の電気

https://group-buy.metro.tokyo.lg.jp/energy/shutoken/home

  
今回は、横浜市をはじめ、東京都、神奈川県、川崎市、相模原市と連携し実施しております。

 私ども公明党は、再生可能エネルギーの普及について推進してまいりました。

 
私は、2020年の「環境創造局・温暖化統括本部」の予算特別委員会で、
「横浜市が、積極的に需要喚起のためのメニューを提示する。例えば、少しでも意識のある

企業や家庭に対して、再エネ導入手法のメニューを分かりやすく示す等、選択肢の幅を広げる

事業を行うことも必要と考えます。」と要望しました。

 
当局より、「再エネ転換がビジネスの拡大につながった好事例があれば、そうした事例をあら

ゆる機会に市内企業の皆様に情報発信します。
さらに、市民の皆様が低炭素な電気を選択しやすくするために、各種小売電気事業者の排出係数

などを公表する低炭素電気普及促進計画書制度について、市民の皆様に広くお知らせをおこなって

まいります。」などと答弁を得ていました。
 
URL https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/ondanka/etc/groupkonyu.html
 
これにより、再エネ電気を利用できる上に、電気代が安くなる可能性もあります。
 
※再エネ電気とは、再エネ(再生可能エネルギー)由来の電力を30%以上の割合使用

しているものです。
再生可能エネルギーとは、太陽光や風力などにより、発電した電力で、
天然ガスや石油、石炭などの「化石燃料」のように二酸化炭素を排出しないものです。
それにより、地球温暖化防止に貢献するものです。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年8月8日(土)【議会ワンポイント報告】再生可能エネルギーの電力メニュー提示が実現!編

  • 2020.08.08 Saturday
  • 11:44

 

【議会ワンポイント報告】

 

再生可能エネルギーの電力メニュー提示が実現!編

 

第一回目は、事業者向けのものです。
 
この度横浜市では「うちも、再エネにしました。」というキャンペーンを開始しました。
これは「市内事業者向け再エネ電気への切替キャンペーン」です。
キャンペーン期間は、令和2年7月15日(水曜日)〜12月25日(金曜日)までです。
  

 

「うちも、再エネにしました。」特設ウェブサイト

 

https://www.yokohama-sdgs.jp/renew-energy

 
これは横浜市が市内事業者と再エネ電気を提供する事業者を結び付けるプラットフォーム

(仕組み)を示すものです。
つまり再エネの需要と供給を結び付ける仕組みです。
 
昨今、再エネ電気に対する関心が高まってる中、電気の切替を検討するための情報が少ないとの

声もあるため、横浜市が市内事業者の皆様に対し、再エネ電気の供給に積極的な小売電気事業者

の「再エネ電気※」の供給メニュー情報を一元的に提供するキャンペーンを実施します。
 
 私ども公明党は再生可能エネルギーの普及について推進してまいりました。

 
私は2020年の「環境創造局・温暖化統括本部」の予算特別委員会で、
「横浜市が、積極的に需要喚起のためのメニューを提示する。例えば、少しでも意識のある企業や

家庭に対して、再エネ導入手法のメニューを分かりやすく示す等、選択肢の幅を広げる事業を行う

ことも必要と考えます。」と要望しました。

 
 当局より「今後、市内事業者の再エネ転換を促すため、調達方法やコスト・仕組みについての

情報を発信するプラットフォームづくりを行います。」などと答弁を得ました。
 
これにより、再エネ電気を利用できる上に、電気代が安くなる可能性もあります。
 
※再エネ電気とは、再エネ(再生可能エネルギー)由来の電力を30%以上の割合使用しているもの

です。再生可能エネルギーとは、太陽光や風力などにより、発電した電力で、天然ガスや石油、

石炭などの「化石燃料」のように二酸化炭素を排出しないものです。
それにより、地球温暖化防止に貢献するものです。

 

JUGEMテーマ:横浜

2020年6月3日(水)【議会ワンポイント報告】市会臨時会編Α 嵎顕酬歃儚萋斡杁淹抉膸業」について

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 17:17

 

過日の令和二年度第一回臨時会での公明党横浜市会議員団の論戦より6回に分けて、
ワンポイントでご報告いたします。


市会臨時会編Α 嵎顕酬歃儚萋斡杁淹抉膸業」について

 
●活動の場と収入を奪われたアーティスト、クリエイターの支援」について質(ただ)しました。

 

林市長より

「アーティストやクリエイターにとどまらず、舞台製作・運営にかかわる幅広い方々を支援

します。また市内のライブハウスが、無観客公演を映像配信する際の費用などを支援します。」

との答弁をえました。

 

 併せて、毎年多くのファンが楽しみにしている恒例の音楽イベントなど、これまで継続を支え

てきた方々の労苦に報いるためにも、コロナの収束後も見据えてしっかり取り組んでいくことを

要望しました。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年6月2日(火)【議会ワンポイント報告】市会臨時会編ァ 屮僖襯好キシメーター」について

  • 2020.06.02 Tuesday
  • 17:12

 

過日の令和二年度第一回臨時会での公明党横浜市会議員団の論戦より6回に分けて、
ワンポイントでご報告いたします。
  
市会臨時会編ァ 「パルスオキシメーター」について
 
●「自宅療養する軽症者等の容態急変を察知するために、国で公明党が提案した
『パルスオキシメーター』の積極的な活用について」質(ただ)しました。
 
林市長より「神奈川モデルにより、アプリや電話により、自宅療養者の朝・夕1日2回の
検温や呼吸器症状等の確認が行われているが、加えて、横浜市独自に、5月に
パルスオキシメーターを貸与し、自宅療養中の皆様の健康管理での活用をはじめた」
との答弁を得ました。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年6月1日(月)【議会ワンポイント報告】市会臨時会編ぁ〇勸蕕堂板蹐悗里め細かな支援について

  • 2020.06.01 Monday
  • 14:21

 

過日の令和二年度第一回臨時会での公明党横浜市会議員団の論戦より6回に分けて、

ワンポイントでご報告いたします。
 
市会臨時会編ぁ 「子育て家庭へのきめ細かな支援について」
 
●就学援助をどのように行っていくのか、質(ただ)しました。
その上で、緊急事態宣言の延長により臨時休業が続いていることから、子どもたちの心身の健康

や、学習の進捗などへの十分な配慮を頂くよう要望しました。
 
教育長より

「就学援助対象について、前年の総所得ではなく、今回は、新型コロナウイルス感染症の影響等

により家計が急変した場合には、申請時の収入状況で判断するなど、従来以上に柔軟な対応を、

早急に具体的な方策を検討する」旨の答弁を得ました。
 
●子育て世帯への臨時特別給付金の手続を簡易にする工夫について質(ただ)しました。

教育長より

「特別な手続きは不要とする。(対象世帯の多くは、児童手当をお支払いしている世帯である

ため)」旨の答弁を得ました。
 
●「新型コロナウイルスの影響で予防接種を受けない子どもに対し、急ぎ、対策を講じるべき」と

質(ただ)しました。
教育長より「他都市に里帰り出産し定期予防接種を行った乳児の接種費用について、払い戻し期間

の延長を検討する」との答弁を得ました。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年5月31日(日)【議会ワンポイント報告】市会臨時会編 「PCR検査」について

  • 2020.05.31 Sunday
  • 19:24

 

過日の令和二年度第一回臨時会での公明党横浜市会議員団の論戦より

6回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。

 
《市会臨時会編》 ◇「PCR検査」について
   
●「PCR検査」の更なる強化金について質(ただ)しました。
 
林市長より
「検査の拡充には、感染防護の知識を持った医師や看護師の確保、採取場所の調整、採取場所

までの移動手段、陽性が判明した際の受け入れ態勢の確保などが課題ですが、市医師会と協議し

準備を進めます」との答弁を得ました。
現在、横浜市では、瀬谷区を含め10か所程度でドライブスルーPCR検査を実施、検査費用を

※無料化しております。
 
※横浜市では、保険適用後の自己負担分(最大5,850円)を助成しています。

 

JUGEMテーマ:横浜

2020年5月30日(土)【議会ワンポイント報告】市会臨時会編◆崕撒鏗諒鬱詆婉癲廚砲弔い

  • 2020.05.30 Saturday
  • 16:23

 

過日の令和二年度第一回臨時会での公明党横浜市会議員団の論戦より
6回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。
 
《市会臨時会編◆奸 「住居確保給付金」について
 
●家賃が払えない際に利用可能な「住居確保金」について質(ただ)しました。
林市長より「横浜市のホームページに申請書類などを掲載し、郵送でも受け付けできる

ようにします」との答弁がありました。
 
住居確保給付金についての詳しい内容は、横浜市のホームページをご参照ください。
 
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/fukushi-kaigo/seikatsu/jiritsu/jukyokakuho.html
  
現在、新型コロナウイルス感染症の影響による収入減で、家計への負担が増加している方が

多数います。最近、市民の皆さまから多くのご相談を頂きますが、その中でも、家賃について

深刻なご相談を受けます。
  
「仕事(パートや契約社員の方など)が休業して、家賃は貯金を切り崩して払っていたが、

今月で貯金も底をつく」「失業し、家賃が払えなくなってしまった」などのご相談です。
  
「住居確保給付金」は、公明党が推進してきた国の生活困窮者自立支援制度で行う事業の一つで、
家賃が払えない人を支援する制度です。
 
新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が求められ、「ステイホーム」(家にいよう)が

合言葉となっているが、突然の収入減などにより、その「ホーム」自体を失いかねない方々が

います。
  
これまでは、離職や廃業により仕事を失ってからでなければ申請できなかったが、対象が拡大

され、仕事を失う前でも収入が激減して離職や廃業と同程度の状況になれば、申請が可能に

なりました。
 
ただし現在、窓口は大変混雑しているため、まずは電話で問い合の上、申請書類の送付を依頼

して欲しいとのことです。
 
●住居確保給付金

 

<相談・申請先>
相談・申請は、区福祉保健センター生活支援課生活支援係で受け付けています。
各区福祉保健センター生活支援課連絡先
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/fukushi-kaigo/seikatsu/madoguchi.html
 
<住居確保給付金相談コールセンター>

 

電話番号:0120-23-5572 受付時間:9時〜21時(土日・祝日含む)
制度のご紹介はこちらでも行っていますので、ご利用ください。

 

JUGEMテーマ:横浜

2020年5月28日(木)【議会ワンポイント報告】市会臨時会編 崙段鳴螻杁詆婉癲廚砲弔い

  • 2020.05.28 Thursday
  • 18:17

 

【議会ワンポイント報告】市会臨時会編

過日の令和二年度第一回臨時会での公明党横浜市会議員団の論戦より6回に分けて、

ワンポイントでご報告いたします。

 

「特別定額給付金」について

 

●「特別定額給付金」を誰もが迅速に、支障なく受給できる工夫について質(ただ)しました。

 
林市長より

「封筒・申請書類の作成、あて先の印字や送付、申請内容の確認・審査、振込先データの入力、
支給状況を管理するシステムの構築などあらゆる工程で膨大な作業が必要ですが、迅速かつ

的確に行ってまいります。
また、視覚障がい者の方には点字や音声コードを封筒に上に記載すること。
在住外国人の方には、外国語などによる案内書の同封と、多言語によるコールセンターを設置

すること。
DV被害者の方には直接本人に支給されるよう丁寧に対応します」などの答弁を得ました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:横浜

2020年4月11日(土)【議会ワンポイント報告】「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」に主張が反映!編 第5回 土地利用について

  • 2020.04.11 Saturday
  • 14:01

 

【議会ワンポイント報告】
「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」に主張が反映!編
 
3月12日に発表された「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」(素案)から、
同(原案)へとなり、いくつかの変更点がありました。
それを受けて、3月31日に「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」として策定されました。
 
その中に、従前より主張していた内容が複数にわたり反映され、皆さまの声をカタチに

する事ができました!
 
その一部を数回に分けて、ご報告いたします。


第5回 土地利用について

 

「豊かな自然環境やグリーンインフラを活用したまちづくりを!」
との要望が盛り込まれました。

 

今回の原案に「豊かな自然環境をいかした土地利用の検討を進めるとともに、地区全体で

多様な機能を持つグリーンインフラを活用します。」と明記されました。

 

※グリーンインフラとは、
「自然環境が有する多様な機能を積極的に活用して、地域の魅力・居住環境の向上や防災・

減災等の多様な効果を得ようとする(第4次社会資本整備重点計画)もの」とされています

 

横浜市の説明では、
「まちづくりのコンセプトにおいて都市と緑や農とのバランスの取れた新しいまちづくり

進めていくことを位置付けています。都市的土地利用も含めた地区全体において、自然環境を

いかしていくことを明確にするため、土地利用基本計画の一部を修正しました。」
と説明されました。

 

JUGEMテーマ:横浜

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM