2020年6月11日(木)【タウンニュースに掲載】市政報告(12)コロナに負けない!

  • 2020.06.11 Thursday
  • 10:06

 

2020年6月11日(木)【タウンニュースに掲載】

市政報告(12)コロナに負けない!

 

■家賃を払えない際に利用可能な給付金
 
 「住居確保給付金」(個人・世帯向け)は、公明党が推進してきた国の生活困窮者自立支援

制度で行う事業の一つで、家賃が払えない人を支援する制度です。
 新型コロナウイルス感染症の影響による収入減で、家計等への負担が増加している方が多数

います。最近、多くのご相談を頂きますが、その中でも家賃について「失業し、家賃が払えな

くなってしまった」等の深刻なご相談を受けます。「ステイホーム」(家にいよう)が合言葉

でしたが、突然の収入減により、その「ホーム」自体を失いかねない方々がいます。
 
●給付対象を拡大!
 
 住居確保給付金はこれまで、離職や廃業で仕事を失ってからでなければ申請できませんでし

たが、給付対象が拡大され、仕事を失う前でも収入が激減して離職や廃業と同程度の状況にな

れば、申請が可能になりました。横浜市ではホームページに申請書類などを掲載し、郵送でも

受付できるようになりました。
 
■困窮学生に10万円給付を
 
 政府は、新型コロナ感染拡大の影響で経済的に困窮する学生を支援するため、1人当たり

10万円または20万円を支給する「学生支援緊急給付金」の創設を閣議決定しました。

公明党が政府に提出した緊急提言に沿う内容となりました。
 私の元にも市民の皆様より「学び継続」のご相談があり、すぐに国会議員に現場の切実な

お声を届けました。多くの学生の通学が難しい中、広く使われているLINEで迅速・容易に

申請できるようにしました。
 
■アーティストを支援
 
 横浜市独自の事業がスタートしました。
〜蠱魅札鵐拭爾鮨契漾進顕酬歃儡愀玄垳けに税理士等の専門家や経験豊かな相談員がオン

 ライン無料相談を行います。
給付金を新設/活動機会を失っているアーティストや再開に向け準備製作、動画配信等の

 文化芸術活動に対して最大30万円。ライブハウスやホールでの無観客公演等を映像配信

 する際の費用を最大70万円助成します。

 

JUGEMテーマ:公明党

コメント
コメントする