2020年4月1日(水)【議会ワンポイント報告】「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」に主張が反映!編

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 11:39

 

【議会ワンポイント報告】
「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」に主張が反映!編
 
3月12日に発表された「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」(素案)から、
同(原案)へとなり、いくつかの変更点がありました。
それを受けて、3月31日に「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」として策定されました。
 
その中に、従前より主張していた内容が複数にわたり反映され、皆さまの声をカタチに

する事ができました!
 
その一部を数回に分けて、ご報告いたします。
 
第1回 計画全般について
 
「郊外部の新たな活性化拠点として早期の事業展開を求める」や
「地域の皆さまをはじめ市民の意見を生かしたまちづくりを!」
などの要望が盛り込まれました。

 


   
横浜市の考えについて
「郊外部の新たな活性化拠点の形成に向け、着実に事業を進めていきます。」
と明記され、横浜の発展に寄与できるように期待する声や、スピード感を
もって「まちづくり」を推進してほしいなどの声が反映されました。
  
また、「本市では、本地区の返還以降、地権者の皆様と意見交換を行う
とともに、市民の皆様に意見及び要望を伺いながら土地利用を検討し、
『郊外部の新たな活性化拠点の形成』を目指すこととしました。(抜粋)」と
ありましたが「今後も、事業の進捗に応じて説明会を行うなど、
市民の皆様に情報提供するとともに、ご意見を伺いながらまちづくりを
進めて行きます。」と追記されました。
  
それにより、引き続き、地域の皆さまのご意見を頂戴しての、まちづくりが
期待されます。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月31日(火)【議会ワンポイント報告】第7回 資源循環局 ごみ屋敷の再発防止策にふれあい収集を活用

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 11:36

 

令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に立ちました。

資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績につながる質疑を、

7回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。
 
第7回 資源循環局
 
●ごみ屋敷の再発防止策にふれあい収集を活用
 
ごみ出しが、日々の生活スタイルとして習慣化できれば、再び「ごみ屋敷」になる
ことを防げると考え、ごみ屋敷の再発防止策としてもふれあい収集を活用すべきと
要望しました。
局長より「再発を防ぐためには、ごみ出しの習慣を身につけることも重要で、
定期的に玄関先までごみを取りに伺うふれあい収集は、有効な手立てだと考え、
排出支援が終了した方に、ふれあい収集を積極的に取り入れてまいります」との
旨の答弁を得ました。
 今までのふれあい収集の対象は、ひとり暮らしの高齢者の方などが中心でした。
今後は、「ごみ屋敷」の再発防止にも活用し、多様なごみ出し支援のニーズに応える、
一歩進んだ取り組みとなります。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月30日(月)【議会ワンポイント報告】第6回 温暖化対策統括本部 再生可能エネルギー電力の需要拡大のための取組

  • 2020.03.30 Monday
  • 17:55

 

令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に立ちました。
資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績につながる質疑を、
7回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。
 
第6回 温暖化対策統括本部

 

●再生可能エネルギー電力の需要拡大のための取組

 

国連より気候変動がSDGsの達成を脅かしていると指摘され、喫緊の対応が求められる中、

本市は、積極的に企業や家庭に対しての再エネ導入手法のメニューを提示すべきと提案し

ました。担当部長より「市内事業者の再エネ転換を促すため、調達方法やコスト、仕組み

についての情報を発信するプラットフォームづくり等を行う」との答弁がありました。
「また、再エネ転換がビジネスの拡大につながった好事例があれば、そうした事例を

あらゆる機会に市内企業の皆様に情報発信すること。さらに、市民の皆様が低炭素な電気

を選択しやすくするために、各種小売電気事業者の排出係数などを公表する低炭素電気

普及促進計画書制度について、市民の皆様に広くお知らせを行う」との踏み込んだ答弁を

得ました。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月29日(日)【議会ワンポイント報告】第5回《温暖化対策統括本部》次世代自動車を活用した災害時の電力確保

  • 2020.03.29 Sunday
  • 11:43

 

令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に立ちました。
資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績につながる質疑を、
7回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。

 

第5回 《温暖化対策統括本部》

 
●次世代自動車を活用した災害時の電力確保

 

昨年の停電時の電気自動車による給電の利用を踏まえ、次世代自動車による電力確保に関する
今後の見通しを質問しました。
本部長は「2030年度までに、すべての一般公用車を次世代自動車とする。
交通局の燃料電池バスは、大容量の電力供給が可能で、災害時の電源としての活用が期待

されている。
電気自動車、燃料電池自動車を電源として活用するために、外部給電器をさらに拡充していく」
旨を答えました。
 
これにより、移動できるメリットを活かし、停電先に災害時の電力供給の確保の幅が

向上します!

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月27日(金)【議会ワンポイント報告】第4回 環境創造局 下水道管の耐震化

  • 2020.03.27 Friday
  • 18:45

 

令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に立ちました。
資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績につながる質疑を、
7回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。
    
第4回目 《環境創造局》 下水道管の耐震化

 

自身の阪神淡路大震災の被災経験から、被災者の安心した避難所生活や、災害時の
重要な交通機能の確保は重要。
 
それに不可欠な下水道管の耐震化事業の今後の展開について質問しました。
 
局長より「〆匈音に下水機能を確保するため、地域防災拠点等の排水を受け持つ
下水道管の耐震化を着実に進める。
△泙拭緊急輸送路は、液状化区域で、先行して取り組んできたマンホール浮上
対策に続き、下水道管本体の耐震化工事を行い、
さらに、郊外部の緊急輸送路でも耐震化の設計等に着手し、市民生活の
安全安心を守るための取組を加速してく」との力強い答弁がありました。
 
今後は、大規模地震に向けて、市民の皆さまの生命を守る取り組みが、
飛躍的に向上します!

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月25日(水)【議会ワンポイント報告】第3回 環境創造局 内水ハザードマップ改定

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 19:06

 

令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に立ちました。
資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績につながる質疑を、
7回に分けて、ワンポイントでご報告いたします。
    

第3回 《環境創造局》内水ハザードマップ改定
 
台風等による浸水被害などで、内水ハザードマップの改定を求めていますが、

内水ハザードマップ改定の考え方と取組状況を質問しました。
  
局長より、「現在の内水ハザードマップは、1時間当たり76.5ミリを想定して

いるが、改定を急ぐ必要があると考えており、昨年観測された、1時間当たり

100ミリの降雨や関東地方での降雨実績なども考慮し、様々な強さの降雨で浸水

シミュレーションを行い、改定作業を進める」との明確な答弁がありました。
  
これにより、浸水被害へのリスク対応が、一層強化されます。
  
※内水ハザードマップとは、
大雨時に浸水が想定される区域や浸水する深さなどの様々な情報をまとめたマップです。
このマップは、浸水に対する円滑な避難行動や平常時からの防災意識の向上に活用して

いただくものです。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月22日(日)【議会ワンポイント報告】第2回 旧上瀬谷の通信施設の公園整備に防災機能を

  • 2020.03.22 Sunday
  • 10:54

 

令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に立ちました。
資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績につながる質疑を、
7回に分けて、ワンポイントご報告いたします。
 
 
 【議会ワンポイント報告】第2回  ◇環境創造局
  
●旧上瀬谷の通信施設の公園整備に防災機能を

 

周辺の自然環境とも連携し、調和する「防災機能」の強化の検討を進めるよう要望し、
副市長より「高い交通利便性や広大で平坦な地形をいかして発災時に全国から
派遣された消防、警察、自衛隊などの活動拠点や、市民の一時的な避難場所などの
整備を検討する」
との明確な答弁がありました。

 

JUGEMテーマ:公明党

2020年3月20日(金)【議会ワンポイント報告】第1回 旧上瀬谷の通信施設の公園整備に自然環境を

  • 2020.03.20 Friday
  • 22:48

 

【議会ワンポイント報告】

 

過日の令和二年度第一回定例会の予算第二特別委員会で、私、久保和弘が質疑に

立ちました。資源循環局と温暖化対策統括本部・環境創造局において実績に

つながった質疑を、7回に分けて、ワンポイントご報告いたします。
 
 《第1回目》 ◇環境創造局 
 

●旧上瀬谷の通信施設の公園整備に自然環境を
 
農地や樹林など、豊かな自然環境を公園整備にどのように活かすのかとの質問に、
局長より、「周辺の豊かな自然環境と連坦を図り、農地を含め、一日楽しめる
エリアを設けるなど、人が交流する郊外部の活性化拠点として発展させる旨」

の答弁がありました。
 
その上で、スポーツ施設や野球場の確保などを要望しました。

 

JUGEMテーマ:公明党

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM